あぶどいら! あぶどいら!! 第一回「ゲイトラ」SEOコンテストに参加中!


by google_yahoo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

エゴイスト・GYP協賛 笠松競馬特別 エントリー

エゴイスト・GYP(ゴッゴル&ヤッヒョイdeポネソニック)の共同エントリーです、競馬に関しては、よく判りませんが・・・。

全国知事会の会長も務めていた梶原 拓岐阜県知事が2月4日に退任しました。

夢は志の母 未来志向を 梶原知事、お疲れさま(中日新聞)
・・・まぁ、賛否両論、色々と有ったようですが、まずはお疲れ様というところです。

ところで、その退任前の最後(?)の仕事が、笠松競馬存続問題であったようです。

笠松競馬 経費削減案を提案 経費削減案 知事に提示 笠松競馬巡り町長ら(朝日新聞)
笠松競馬 黒字化へ綱渡り(朝日新聞)

・・・しかし、経営への参入プランを示してきたのを断っておきながら、馬券のネット販売の協力をライブドアに持ちかけるのはどうか・・・持ちかけられた方も本気になれないんじゃないだろうか?参入云々のときは、はなから断る前提での面談だったようにも思えますし。ライブドアに中立・公正な運営が期待できるか、信頼に足るかは、また問題があるかもしれませんが・・・。

競馬界への参入意欲の強い堀江社長ですが、livedoor 社長日記11/10(水) 高崎アンド前橋にトラックバックされていたつれづれずれずれ。:勝てる「ほりえもん」へ 高崎競馬参入への道②のように行政とのギャップがなかなか埋められない部分がありそうです。

ところで、劇場の基本的には競馬日記blog版:「笠松競馬、続報」  地方競馬(笠松) に記されていた意見はかなり、辛辣。・・・実際、当たっているとは思いますが。
経費削減とどう特色を打ち出していくか・・・考えないと残す価値がないのかも・・・。

そういえば、首都圏で配布されている無料誌R251月27日号に、高知競馬が取り上げられていました。・・・高知競馬はlivedoorが協力しているようですネ。
なんでも、個人は1万円、企業は2万円で、レースの冠スポンサーになれるというサービスを行っているとか・・・。「○○協賛 ××特別」といった形でレース名がつけられ、場内にアナウンスされたり、スポンサーは予想紙付で特別室に招かれるとかの特典もあるとのこと。へぇ、面白そうなんて思いましたが。

実際、高知競馬のサイトでも、内田香織協賛 池川誠也くん厄払い特別などというのが紹介されていました。

まぁ、競馬場とか場外馬券発売場とかの周辺の雰囲気は個人的には好まないのですが、競馬を残していくとしたら、地域密着+生活に近い娯楽として位置付けていく必要が有るとも思います。
ネット販売だけでなく、ネットでの協賛スポンサー募集とかファン層の掘り起こしが必要なんだろうなと思いました。

第 2 回 SEO コンテスト (新潟・スマトラ頑張れ!!)で、『 デースケドガー 』がネット上で流行中です。で、このコンテストの賞品の基準が1万円以上。入賞者に、協賛レース命名権とかいう賞品を出したりすれば、より注目を浴びたりするでしょうし。

単に続けるのは、難しいことでしょうから、常識の枠を一歩突き抜けないといけないのかもしれませんネ。


[PR]
by google_yahoo | 2005-02-06 18:00 | 雑談